学校法人 先端教育機構 Advanced Academic Agency

社内の業務効率化に向けてDX推進したいけど・・・漠然としていてちっとも進まない!!!

それは社内DX化に向けてグランドデザインがないからです

社内DX推進者オンライン養成講座

社内のペーパーレス化、クラウド活用に向けて社内DXを「体系的」に学びながら、
ムダをなくし生産性を高めるための仕組みを構想する実践型の講座を開催します。

ニューノーマル時代にフィットさせるために、「社内DXのグランドデザインを描くこと」がゴールです。
本気でDXに向けて業務改善を取り組まれたい方におすすめです。


なかなかDXが進まない理由

経営者の視点
  • どう進めればよいかわからない
  • 任せられる人材がいない
  • どのくらい費用対効果があるのか
    わからない
現場の視点
  • たくさんツールがありすぎて
    何を使えばよいかわからない
  • どのツールが自社に最適なのか
    選べない
  • 紙・エクセル、自社独自のシステムで
    テレワークが進まない

その原因は、グランドデザインがないからです。

よくある「部分最適」のDX化

各自の管理に任せているため一元管理できていない状態

図版
図版

「全体最適」のための
DXグランドデザイン

業務に必要な(使用している)システムを可視化し、
それらを線でつなげることで「全体最適」が可能

従業員の軸
顧客の軸

現状を打破し、本気でDXを推進するためには、
様々な変革事例を学びながら、
自ら社内DXのグランドデザインの設計ができるようになる必要があります。


この講座で得られるもの

  • イメージ画像
    01

    講義で紹介される他社事例を踏まえ、自社のグランドデザインを描けるようになる

  • イメージ画像
    02

    社内DXグランドデザイン実現のためのプロジェクト推進の方法がわかる

  • イメージ画像
    03

    営業・経理・労務・マーケティングなど各部署での最新ツールと特徴がわかる

  • イメージ画像
    04

    情報が遅れがちな地方企業が、様々な部署で使う最新DXツールを網羅的に学ぶ機会

  • イメージ画像
    05

    単なるスクール形式ではなく、ブレイクアウトルームを活用して、参加者間で情報交換、ともに考える機会がある

  • イメージ画像
    06

    講師との個別相談もあるので、自社の課題に対する具体的な解決策やツールについての相談ができる


セミナー動画サンプル

受講生の声

受講生

受講生写真
業種
造作工事・造作家具工事
設立
1968年
社員数
29人
所在地
千葉

この10年間は、デザインの多様化に合わせ、情報の連携やその場での対応力がより求められ、木工の世界において大きな変革期となりました。
顧客への価値提供、従業員の働きやすさの実現のため、今回この講座を受講いたしました。

前半部分では、現場や勤怠管理のデータ化など、業務の基礎的な効率化に関するグランドデザインを学びました。
後半部分では、業務フローの整理だけでなく、ITを活用してどういった効果を得たいのかといった、会社のグランドデザインを描くことができました。
また、個別面談では、講師の過去の失敗なども織り交ぜたアドバイスにより、自社の状況に合わせた実現可能なDXの計画を立てることが可能です。
この講座で学んだことを活かして、お客様にとって最高の会社であると同時に社員にとっても最高の会社になることを目指しつつ、10年後も価値ある企業であり続けたいと思います。

受講生

受講生写真
業種
会計事務
設立
2016年
社員数
7人
所在地
大阪

クラウド活用やデータ連携による業務の効率化やクライアントへの価値提供が求められるなか、専門家のアドバイスを受けつつ最短で業務のDXを構築したいと思い受講をしました。
受講の手応えとしては、全体業務の棚卸しにより、これまで点で行っていた業務効率化を一本の線に結ぶ手がかりを頂いたと感じています。また、受講者全員が社内DXを前向きに改革していこうと議論を交わすため、参加者同士の発表や対話で課題解決のアイデアが生まれることもあります。
これは社内だけでなく、顧問先様に対しても重要な視点であり、視野が大きく広がったと感じております。
こうした変化の激しい時代だからこそ、単に会計の処理をするのではなく、経営の効率化や企業成長など、経営者の身近な相談パートナーとしての本来税理士があるべき姿であり続けたいと思います。

対象
  • 中小企業のIT担当者で社内の業務改善をされたい方(経営・各部署のご担当者様)
  • DX推進の具体的な手法を求めている方
  • 包括的なIT活用支援(IT顧問・ITコンサルタント)をされたい方


概要

開催期間
2021年9月3日(金)~2021年11月18日(木)
講義時間
9:30~12:30 全6回(1回につき3時間00分)※一部個別相談会あり
主催
学校法人 先端教育機構
〒107-8411
東京都港区南青山3-13-16
TEL: 03-3478-8401(代)
FAX: 03-3478-8410
Email: pjlab@mpd.ac.jp
開催形態
オンラインによる相互コミュニケーション型(Zoom活用)
価格
380,000円(税別)※
※IT顧問化協会の認定資格を希望される方は、
別途70,000円(税別)がかかります。
募集要項はこちら(PDF)


講師

IT顧問化協会 代表理事 本間 卓哉 氏

講師写真

1981年秋田県生まれ。一般社団法人IT顧問化協会 代表理事、株式会社IT経営ワークス・株式会社DXソリューション 代表取締役。使命は「人×IT=笑顔に」。

中小企業に向けて、その企業に適切なITツールの選定から導入・サポート・ウェブマーケティング支援までを担うITの総合専門機関として、「IT顧問サービス」を主軸に、数多くの企業で業務効率化と売上アップを実現。これらのノウハウを共有し、より多くの企業での活用促進を図るために、2015年にIT顧問化協会(eCIO®)を発足。「経営にITを活かし、企業利益を上げる架け橋に」を理念に、専門家向けにeCIO認定講座を開始。IT活用・デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を望む全国の企業からの相談を受け、中立的な立場で的確な支援ができる体制を構築している。2020 年には、経済産業省より「情報処理支援機関(スマート SMEサポーター)」として認定を受ける。著書に『全社員生産性10倍計画』『売上が上がるバックオフィス最適化マップ』(ともにクロスメディア・パブリッシング)など。


スケジュール

日程 時間 概要 講義内容
1 9月3日(金) 9:30〜12:30 第1クール
社内DXグランドデザイン
社内DXとは 進め方について
変革事例と社内DXグランドデザイン設計
2 9月16日(木) 9:30〜12:30 第1クール
社内DXグランドデザイン
社内DXとは 進め方について
変革事例と社内DXグランドデザイン設計
3 9月17日~10月6日 1時間 個別面談
4 10月7日(木) 9:30〜11:00 第2クール
課題解決に向けた研究・実践
営業管理とマーケティングのあり方 ツール研究
5 10月21日(木) 9:30〜12:30 第2クール
課題解決に向けた研究・実践
経費精算・勤怠管理・給与計算のあり方 ツール研究
採用・労務管理のあり方 ツール研究
6 11月4日(木) 9:30〜12:30 第2クール
課題解決に向けた研究・実践
グループウェアや社内インフラのあり方 ツール研究
販売管理や会計(ERP)のあり方 ツール研究
7 11月18日(木) 9:30〜12:30 第2クール
課題解決に向けた研究・実践
社内DX実践事例・構想発表


申し込み手順

  1. お申し込みフォームに送信
    (自動返信にてお申込書が届きます)

  2. どちらかの方法で、お申込書を送付する
    ・申込期限までにpjlab@mpd.ac.jpに送付
    ・申込期限までに下記の宛名※に郵送

  3. 事務局確認後、受講料納入用紙を
    お送りいたしますので、
    期日までにお振込ください。

※受講申込書提出先:
学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 事業構想研究所 社内DX推進者養成講座事務局宛
〒107-8411 東京都港区南青山3−13−16
Email: pjlab@mpd.ac.jp
申し込み期限

締切・申込書提出:2021年8月31日
受講料振込:2021年9月2日
※定員になり次第、締め切ります。